INTERVIEW

社員インタビュー

DESIGNER

デザイナー

福澤 遼(2010年 中途入社)
札幌市出身、北海道芸術デザイン専門学校卒業。
Web Development Div. リーダー
福澤 遼(2010年 中途入社)
札幌市出身、北海道芸術デザイン専門学校卒業。
Web Development Div. リーダー

やりたいデザイン、スキルアップを求めて転職

僕は中途採用でオズに入社しました。転職のきっかけは、自分が望むデザインの仕事を追求したい、デザイナーとしてスキルアップしつづけたいとの思いを抱いたこと。道内のプロダクションでは特に規模が大きく、学生時代の先生や知り合いのデザイナーから評判の良い会社であるオズなら成長できると考えました。入社してみると、仕事の進め方やデザインのプロセスがまったく違うデザイナーがたくさんいて刺激になりますし、社員同士の仲も良く、仕事に対するモチベーションが高まる環境だと感じます。

「これでいい」ではなく「これがいい」を目指す

オズのデザイナーが手がける制作物は、チラシやポスター、新聞広告などの紙媒体からWebまで多岐にわたります。案件によって求められることが違うので、その都度どのようなデザインがいいかを考えるのはとても難しいですが、それ以上にやりがいがあるので楽しいです。特に印象深い仕事は、ある劇団の定期公演におけるチラシやパンフレットなどの制作。特にパンフレットは、公演当日の劇場で、自分が制作したパンフレットを観客の方々が笑顔で読む様子を見て、とてもうれしかったことを今でも覚えています。

仕事をする上でクライアントの希望を叶えることは大前提ですが、制約がある中でも新しいデザインに挑戦したり、いい意味でクライアントの予想を裏切ろうと日々励んでいます。デザインコンペの勝利やクライアントからの高評価につながったときは本当にうれしく「次もがんばろう」という気持ちになります。社内のスタッフに対してはデザイナーとしての観点から提案をおこなったり、ディレクターにも僕なりの思いを伝えて、より良い広告が作れるよう努めています。

新しいデザインに対する興味や勉強をいつでも

中堅社員として後輩を指導する場面も増えてきました。教えることで僕自身の復習になったり、後輩の自由な発想に触れて勉強になることもあります。また、新しいものにたくさん触れて考え方や技術を吸収し、自分にしかできないことを増やして社内はもちろん、クライアントに信頼されるデザイナーになりたいです。

学生におすすめしたいのは、街の中にある広告や本、展覧会を通して積極的にさまざまなデザインと出会うこと。ものづくりをする上でとても刺激になりますし、学生のうちからそういうクセをつけておいて損はないです!時々、インターンシップに来る学生で諦めるのが早い人を見受けます。最初はできなくて当たり前、失敗しても間違ってもいいんです。「できない」「苦手」と諦めるのではなく、とりあえず取り組んでみて、さらに良くするにはどうすべきかを自分で考えたり周りの先輩に相談してほしいです。僕はデザインが好きな人、ガッツのある人と一緒にものづくりを楽しみたいです。