INTERVIEW

社員インタビュー

DIRECTOR

ディレクター

三浦 一樹(2003年 新卒入社)
旭川市出身、札幌デザイナー学院卒業。
Web Development Div. 部長
三浦 一樹(2003年 新卒入社)
旭川市出身、札幌デザイナー学院卒業。
Web Development Div. 部長

インターン生として現場に慣れ、卒業後すぐに入社

オズを知ったきっかけは専門学校にきていた求人票。ちょうどその頃にオズがインターンシップ制度を始めたと聞いたので、実際の仕事を見ようと応募しました。通常業務に加え、新しいルームの立ち上げなど会社全体が忙しい時期でしたが、先輩方は時にやさしく時に厳しく仕事を教えてくれました。そのまま卒業時までお世話になり、正社員への採用を打診されたため入社を決めました。

視野の広さと情報収集能力がディレクターの条件

一口に「ディレクター」と言っても、デザイン力に長けていたり企画力に特化していたりと、オズにはさまざまなタイプのディレクターがいます。ただ、すべてのディレクターに共通して言えることは、広い視野を持って日常的に情報収集をしていること。興味のあるなしに関わらず、会話の幅を広げるためにさまざまなジャンルのトレンドをキャッチしています。

ディレクターとなった明確なタイミングはありませんが、上司や先輩から仕事を引き継いだり、クライアントと打ち合わせを重ねて信頼を得るうちに、自然とこの立場になりました。周りのスタッフが僕をディレクターとして頼ってくれるようになったことで、徐々に意識も変わりましたね。

DTPでもWebでも、1案件に必ず1つ「発見」をつくろうと心がけており、クライアントが喜んでくれたり、驚いてくれたりすることは何かを追求しています。その思いがうまくカタチになり、クライアントが感動してくれた時には、喜びとともにやりがいを感じます。

自身が成長しながら、“適度な無茶ぶり”で
スタッフの成長も促す

ディレクターとして日頃から気をつけていることは、わかりやすい指示をすることと指示される側の気持ちを汲み取ることです。また、時には適度な無茶ぶりもしますね。困ったり悩まずにできる仕事は成長につながらないですし、後輩たちに「もっと頑張っておけばよかった」と後悔してほしくない。そのために、できそうだけどやったことのない仕事は無茶ぶりをして、成長を促すことができればと考えています。もちろん、できない時のサポートは用意していますよ。

年齢だけでなく、常に後輩たちの目標であり続けるために、僕自身も、日々の仕事をしながら常にスキルアップしたいと思っていますし、率先して新しいことに挑戦していきたいですね。

また、一緒に働きたいのは「これが好き!」と言えるものがある人。映画でも本でも、ファッションやアニメでも何でもいいから、情熱を持って話せる「好きなもの」があると人としての面白味があって良いと思います。スタッフ一人一人の強い個性が交わることで良い化学反応が生まれ、多種多様なニーズへ対応できる会社のチカラとなります。